この相談室でどのような相談ができるか、具体例をご紹介します。

もちろん以下に記載されている内容以外でも相談をお受けします。

親子関係

子育てが何もかもうまくいっている人は、そうはいないでしょう。

ついイライラしてしまったり、悲しくなってしまったりすることもあると思います。

子どもとどう接していくか。

正解はありませんが、少しでも気持ちが楽になれるようお手伝いします。

メンタルの不調・精神疾患

メンタルに不調をきたしている大人はとても多いです。

自分が不安定であることが、子どもに何か影響しているのではないかと心配になっている方も多いです。

自分の気持ち・気分との上手な付き合い方を一緒に考えていきます。

発達障害

発達障害の診断を受けている方がとても増えています。

発達障害は治すものではなく、その特性とうまく付き合っていくことが大切です。

日常生活で問題になっているパターンを見つけ、1つ1つ見直していきます。

生きていることがつらい

子育ても、生きていることもつらすぎる、でも誰にも相談できない…。

あきらめる前に、一度話を聞かせてください。

いい方法を、一緒に考えましょう。

相談をお受けできないこと

  • 妄想、幻覚などの症状がある方、または主治医からカウンセリングを止められている方の相談

カウンセリングを受けることで症状が悪化してしまう方がいます。精神科・心療内科を受診中の方は、必ず主治医の許可をいただいてきてください。

  • 子どもと直接話してほしい

この相談室は基本的には成人(18歳以上)を対象としています。子ども本人の相談は、各自治体の教育相談センターや児童思春期専門の医療機関、子ども対象のカウンセリングルームなどで受けてください。

  • 夫婦カウンセリングを受けたい

現在は1対1の相談のみお受けしております。

  • 診断をしてほしい

医療機関ではないため、精神疾患や発達障害などを診断することはできません。

その他、お受けできないと判断した場合には、その都度お伝えをさせていただきます。